「世界子どもの日」国連・子どもの権利条約 採択25周年 記念シンポジウム ~すべての赤ちゃんが「家庭」で育つ社会をめざして~

11月20日は「世界子どもの日」。

今年の11月20日は、国連総会で「子どもの権利条約」の採択からちょうど25周年の記念日。
この条約は、子どもが「家庭で育つ権利」を謳っています。
こうのとりのゆりかご(通称「赤ちゃんポスト」)から見えてくる現実から、日本の現状を見直してみませんか。脱・施設化を果たした諸外国の例からも学びます。

~すべての赤ちゃんが「家庭」で育つ社会をめざして~

20141120
11月20日は「世界子どもの日」。
今年の11月20日は、国連総会で「子どもの権利条約」の採択からちょうど25周年の記念日。
この条約は、子どもが「家庭で育つ権利」を謳っています。
こうのとりのゆりかご(通称「赤ちゃんポスト」)から見えてくる現実から、日本の現状を見直してみませんか。

脱・施設化を果たした諸外国の例からも学びます。

【日時】11月20日(木) 開場:12時30分 開始:午後1時 (終了予定:午後4時30分)
【会場】日本財団 2階大会議室( 東京都港区赤坂1-2-2 電話 03-6229-5111) アクセス:東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅3番出口 徒歩5分/ 南北線・銀座線「溜池山王」駅9番出口 徒歩5分/丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前」3番出口 徒歩10分
【参加費】無料/定員:200名 (事前申込の方を優先させていただきます)
【参加方法】事前申し込み制 http://urx.nu/d3jQ から参加申し込みして下さい
【お問い合わせ】ヒューマン・ライツ・ウォッチ(03-5575-3774 tokyo@hrw.org)
【主催】日本財団、国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ
【協力】全国里親会・里母の会、特定非営利活動法人SOS子どもの村JAPAN(10月19日時点) ※ 子連れのママ・パパも歓迎します!キッズスペース、授乳スペースあり。参加者の皆様はご理解ご協力をお願いいたします。
※ NPOや支援団体のブースが多数でます。あなたにもできることがきっと見つかりますよ。

総合司会:サヘル・ローズ(女優、タレント)
第一部:今、赤ちゃんがおかれた現状を知る(13:00-14:15)

【基調講演1】田尻由貴子(医療法人聖粒会慈恵病院元看護部長、妊娠相談SOS相談員)

国内報告:『こうのとりのゆりかご』と全国妊娠相談SOSから見える課題

【基調講演2】上鹿渡和宏(長野大学准教授、児童精神科医)

海外報告:社会的養護についての実証研究及び脱施設化の動きについて ~施設養育が子どもの発達に与える影響に触れながら~

第二部:明日に向かって! ~赤ちゃんのため、私たちがすべきこと~ (14:15-16:30)

(1)関係者によるスピーチ 鈴木英敬 三重県知事「三重県の目指すもの~知事として父として~」
竹内洋 (東京大学客員教授) 「少子化対策・日本経済へのメリット」
青葉紘宇(里親、NPO法人 東京養育家庭の会 理事長) 「乳幼児の里親を増やすために」
高橋恵里子 日本財団福祉特別事業チームリーダー 「今後に向けた論点整理」
その他、元里子・養親・里親など当事者の声などを予定

(2)パネルディスカッション:赤ちゃんの養子縁組・里親委託に向けて ~改善すべき実務と制度とは? 現在の問題点とあるべき未来像から探る
モデレーター:土井香苗(ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表、弁護士)

立法の視点:国会議員(依頼中)
児童相談所からの視点:藤林武史(福岡市こども総合相談センター 所長)
民間支援の視点:渡邊守(NPO法人キーアセット ディレクター)
専門家の視点:上鹿渡和宏(長野大学准教授、児童精神科医)
里親の視点:吉成麻子 (千葉県の養育里親)

※シンポ詳細はこちらをご確認ください。 ※シンポ参加は事前申し込み制です。こちらからお申し込み下さい。

  • 養子を希望する方
  • 赤ちゃんを産むお母さんの声
  • よくある質問
  • お問い合わせ
(C)2015 一般社団法人 命をつなぐゆりかご
▲TOPへ戻る